忍者ブログ
波乗りとHulaとHawaii好きな不定期更新のお気楽日記。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日も朝から雨で寒いですおはようございます(*・ω・)*_ _)。

我が家のガソリンはこんな感じでした。
1300682227159.jpg







ガソリン入れたくても探し回るガソリンがない!
友達からの情報や近所のスタンドに電話してようやく入れることができました。
雨のせいか、供給されつつあるのか・・・。
思ったより並ばずに入れることができました。
とは言いつつ普段では考えられない行列にスタンド付近には
雨の中カッパで頑張る警備員さんが多数。
頑張ってください><。
1300682711881.jpg







ここ最近よくニュースやCMで言われる『今私たちにできること』
節電をはじめ、結構色々あります。
そして『笑顔』!!
色んなところで様々な自粛ムードで覆われています。
怪我もなく五体満足です。住む家もあります。
比較的周りも落ち着いてきました。
私たちにできることは普段の生活を取り戻すことだと思います。
被災者の方は一生懸命生きようと笑顔で頑張ってるのに
私たちが自粛というかたちで下を向いて立ち止まってる場合じゃないですね。
正直、今回かなりの被害で危機的状況な東日本ですが、
恐らく復興は早いと思います。

少し神戸の震災を振り返りつつ参考に。。。

今、日本中、世界中で復興に向けて支援が回っています。
今はまだメディアでも取り上げられ、注目されているので
被災地から遠い人でも『何かやらなければ!』という思いになります。
でも本当に大変なのは 『これから』 です。
今避難所とかに避難している人はこれから急ピッチで作られる仮設住宅に移動すると思います。
避難所にいる間は物資も届けてくれて目の前には同じ状況下に置かれたたくさんの仲間がいます。
仮設住宅に移ることで家族ごとに分かれます。
ここで一人になる人も当然出てきます。
ある程度仮設住宅ごとに支援物資は届きますが、
自分で調達し、生活していかなければなりません。
住み慣れた家がなくなり、住み慣れた町がなくなり、心身共に不安な状態のまま、です。
そして仮設住宅は家族が優先されます。
被災者の数が多すぎて仮設住宅に住めない人もでてきます。
阪神大震災では至るところにテント村もできました。学校のグランドだったり公園だったり。
仮設住宅も住んでた地域に建つとは限りません。
県外になることもあります。
何十年も住んできたところから離れる不安。
ご近所さんもばらばらになってしまいます。
そしてこの頃になると世間のニュースからもだんだん離れていくので
注目されなくなります。
そして、仮設住宅に移ると同時に日本中の建設業者が復興のために
街作りを再建していきます。
私は当時建設関係の営業事務でした。
震災対応物件として通常では考えられない早さで建物が建っていきます。
仮設住宅から新しい家へ移っていきます。
この辺りからお金もどんどん必要になってきます。
震災で着の身着のままで逃げた状態。
銀行にお金はあっても通帳もはんこもない。身分証明書すらない人もたくさん出てきます。
お金はあるのにおろせない。そんな問題もありました。
仮設住宅で仮に一人になってもまだ隣近所で助け合うことができます。
一人の時間は増えますが・・・。
空いている住宅に移る場合、隣近所の繋がりがありません。
若い人ならともかくお年寄りにとって見知らぬ土地で見知らぬ家で生活することは
とても大変なことだと思います。
普段ならどこどこに住んでるおばーちゃんはどういう病気でって結構周りの人は知っています。
田舎になればなるほど。
一人になって誰からも声をかけられることがなく誰も気づかないまま
帰らぬ人になる人が少なくありませんでした。
そして、復興するために一気に経済は上昇します。
でもそれは仕事を失った現地の人ではなく、他府県からの応援業者によって、です。
本来ならば10数年かけてする街作りがほんの数年で出来上がってしまうのです。
被災地での倒産が相次ぎます。肝心の被災地の方が再建できないのです。
地震で災害で助かった命を自ら絶つ人がとても多かったのを覚えています。
これらの一連の流れは阪神大震災で実際に起こった現実です。
ニュースに報道されない様々なことが被災地では何年も続くのです。何年も。
本当に大変なのは 『これから』 です。
被災された方々の心のケアも心配です。。

これからの『私たちにできること』
被災にあった人がいるということを忘れないことです。
食べるものがないとき、救援物資の賞味期限が切れたカビの生えたパンを
カビを取り除いて食べていました。
一生懸命生きている人がいるということを決して忘れてはいけません。。

tumblr_li17zm5wUO1qi0qpko1_1280.jpg










PR
地震から11日が経ちました。
おはようございます(* >ω<)

千葉では体に感じる余震は大分少なくなってきました。
油断してると時折震度3~4くらいのがきてドキドキしますが(¬ω¬;A)
地震後、様々な情報が飛び交い、翻弄され、多くの人が精神的疲労をともなっていると思います。
そんな中、普段毎週当然のように海で会っていた仲間が集合することに。
神奈川、都内、千葉から集合です。場所はお台場。
色々な思いがある中、お互いの姿を確認したい、会って話がしたい。
まだまだ不安定な時期だったので集まれる人だけ集まりましょうということでしたが、
大人15名、子供2名・・・いつもの顔ぶれが揃いました(* >ω<)
中には2日前に水道が復旧したばかりなメンバーも。
お互いの無事を確認し、そのときの状況を説明し・・・。
地震から1週間しか経ってないのにすごく長かった日々に感じました。
とりあえず皆笑顔で再会できて良かった!!
1_convert_20110320204859.jpg








お昼に集合し、久々に見る静かな海。
1300505224506.jpg







食事する前は少なかった人影も、
ご飯を終えて外に出てみると意外とたくさんの人がいました。
1300505209351.jpg







天気が良く、暖かかった土曜日。
元気に遊ぶ家族連れ・・ごくごく普通な光景に感謝です。
カイトもカズも大人たちもやっぱり海が好き(* >ω<)
1300512545696.jpg







思わず10Mってどのくらいだろう・・・。
どこに逃げればいいんだろう・・・。
そんなことばかり考えてしまいます。
1300524108089.jpg







サーファーにとって海への知識・・・一体どのくらいあるのかな。
海に入ってると恐らく多少の地震がきても気づかない。
いつもの海に入っていたとして、
津波警報がなったとして、陸に上がるまでの時間。
砂浜をかけあがり、高台まで避難する時間。
今回30分ほどで到達したという巨大津波。
果たして逃げることができるのでしょうか・・・。
1300524196942.jpg







それでもやっぱり海が好き。
個人個人の安全に対する知識も意識も高める機会だと思います。
最近各所に設置してあるAED装置。
皆さん使い方分かりますか?

少し話はずれますが、沖縄に波乗りを通してたくさんの友達ができました。
プロBB入波平優子ちゃん家族にいつも温かく迎え入れていただいています。
沖縄で波乗りをするようになって気づいたこと。
それは波乗りをしている人の海に対する意識の高さです。
沖縄ではたくさんの人がライフセイバーの資格を持っています。
当たり前のように毎年ある合宿に参加しています。
広大な海、大自然を相手に人間ってとってもちっぽけです。
今この状況で海への距離感・・・きっと誰もが感じていると思います。
色んな意味で。

サーフィン自粛ムードが漂う中、海に入る時期って本当に難しいと思います。
ただそこで生活している人もいるし、それを仕事にしている人もいる。
被災された中にもたくさんのサーファーやサーフショップ、サーフィンに関わりのある人もいる。

とある人のブログで読みました。
被災されたサーフィン関係者から、
『私たちがそこへ復活したとき、また頑張れる状態に戻しておいてください。』
『早く日本のサーフィン界が健全に動くことを期待しています。』
とあったそうです。

各自の安全意識を高めながらこれからの海に対する知識をもっと増やしていきたいです。
今のところまだまだガソリン不足が目立ちますね。
昨日残り少ないので探しに行きましたが、あるところには1キロにも及ぶ大渋滞、
混乱をさけるためかほとんどのスタンドは休業。
赤ランプついたので諦めました(* >ω<)
ガソリンさえ通常に戻れば滞っている物資の配達も解消されると思うのですが・・・。
諸事情もあり今月いっぱいは車なしの生活になりそうです。

一日も早い復興を・・・皆で頑張りましょ(* >ω<)

tumblr_li17zm5wUO1qi0qpko1_1280.jpg










地震から5日目です。
まだまだ余震に気を抜けない毎日です。
皆さんはどうお過ごしですか?

昨日は18時23分から21時前くらいまで計画停電が実施されました。
ミスターは仕事でいないので家に一人・・・。
かなり不安でどうしようと思いつつ、
さすがに家にずっといるとめげそうなので開いてる間に近くのスーパーに。
偶然ペコ先生と会って、後でうちきなよ~と声をかけていただきました。
正直めっちゃ不安だったので嬉しかったです><。。
懐中電灯用意し、全てのコンセントを抜き、
もしかしたら停電しないかもとテレビと一部屋だけ電気つけてたら
きっちり停電・・・(¬ω¬;A)
18時20分…意外と暗くてびびりましたヽ(ヽ>ω<)
テーブルの上に懐中電灯用意してたにもかかわらず
暗闇にドキドキしながら手探り状態・・・。

懐中電灯片手に即効プナルウへ。
ランタンの光を囲んで皆でおしゃべりして過ごしました。
人の温もりって本当にありがたい。
隣近所の付き合いがほとんどない中で
この場所があって本当に良かったと思いました。
ゆうさんとペコ先生に感謝です。
このランタンの光に引き寄せられて気がつけばほぼ満席なほど人がいました。
皆不安です。でもひとりじゃない。ただそれだけがすごく幸せです。
電気が消えて初めて気づく有難さ。o0427032011109176899.jpg








非常灯も消え、車もいつしか通らなくなって
周りは本当に暗闇でした。しかも音がない・・・。
静か過ぎて不気味ったらありゃしない。
うちはまだ駅から近いので電車は通ってるので駅の光は見えてましたが
数十分かけて歩いてる人とか本当に大変だと思います。
こんなときを狙って治安も悪化してるようです。

今日テレビを見ていて、被災者の方で高校生くらいの子が
自分たちは元気なんで動けない人のために自分たちがやるしかない!って
笑顔で頑張ってました。
色んなところで復興に向けて皆が頑張ろうとしています。
誰もが経験したことのない大震災と言われた神戸もみるみるうちに復興しました。
想定外でも何でも乗り越えないといけない。
無事な私たちが極力普段通りの生活に戻さないと
いつまでたっても前に進まないと思います。
こんなときに・・・いやいやこんなときだからこそ!です(* >ω<)

計画停電不便なこともいっぱいあるけど、
地震もまだまだ怖いけど、放射能もめっちゃ気になるけど
それを話題に電話くれたりメールしたり一緒にいたり。
人と人が思い合う時間と考えてポジティブにいきましょう!

ちなみに今日の停電は15時20分から18時20分。
明るい時間だと安心です><。。

地震から4日が経ちました。
被害は拡大する一方で原発事故による危機的な状態も落ち着きません。
テレビでの最新情報に釘付けです。
計画停電は今日から本格的に実施されるそうですね。
うちは第二グループなので18時20分~22時まで・・・。
その間に大きな地震が来ないことを祈るのみです。

地元の友達からの応援メール、沖縄の友達からの心配メール・・・。
本当にありがたいです。
地元の友達は神戸の震災を経験しているので余計に心配してたようで・・・。
幸いに私が住んでる地域はライフラインは問題ないです。
それがどれだけ幸せなことか・・・つくづく実感します。
ただ、職場は結構ダメージがひどく、営業停止状態です。
フィットネスジムなのでこの状況での運営を懸念して
被災地域、近隣地域の営業をストップしています。
修繕工事が今月いっぱいほどかかりそうなので、通常営業も未定な状況。
3日以内(~16日)にM7.0クラスの大きな地震がくる確率が70%と言われている中で
無理しない程度の出勤。自宅待機を強いられています。
昨日職場の様子を見に行きましたが、亀裂が気になるものの建物の安全は確認されたようで一安心。
とはいえ、余震での揺れは思ったより大きくいつでも逃げれるようにカバンや上着を持った状態での仕事。
今日は自宅待機ですが、家にいてもすることがないので明日からは出勤しようと思います。

ガソリンが不足しているということで昨日ミスターが確認したところ
どこのスタンドも売り切れ、あるところには大渋滞といった状況。
もううちの車も1メーターもないので車での移動は諦めます。
自転車か徒歩か電車!十分ですね><。
食料は開いているお店では昨日の段階では生鮮食品はたくさんありました。
が、カップラーメン、パンなどすぐに食べれるもの、保存食は全て売り切れていました。
近くのコンビニも全て売り切れ・・・。
ただ、お店の方も次いつ入荷されるか分からないので今あるものだけということでした。
停電に備えての懐中電灯や電池はオープン後数分で売り切れ状態。

M9.0に修正されたことで世界最大級規模の地震になってるみたいですね。
阪神淡路大震災のとき、政府の対応はすごく遅かった。
自衛隊の派遣も全然こなかった。
一般の人々で瓦礫をかき分け救助活動をしていた。
食べるものも水もない状況でみる報道番組は他人事にしか見えませんでした。
『地震の名前が訂正されました!』とかそんなどうでもいいニュース。
現場を伝えるための報道局のヘリすら、ヘリ飛ばせるなら撮影してないで救援物資持ってきてよと
皆怒り奮闘でした。
恐らく今避難してる方々はこういう心境だと思います。
全然情報がない中で人と人との繋がりと温かさだけが頼りだったのを覚えています。
時代が進み、今回の政府の対応の早さ、世界中からの支援・・・。
たくさんの問題があるなかでやっぱりそこにあるのは人と人との繋がり温もりです。
日が経つにつれて、亡くなられた人の数が千単位で増えています。
1日も早く元の生活に戻れますように・・・。

被災地の方々の早急な復興を心よりお祈り申し上げます。
今日14時46分頃、大きな地震がありました。
心配メールくださった方、どうもありがとうございます。
かなり揺れましたが大丈夫です。

現在、高速道路はもちろん、交通機関はほとんど麻痺しています。
電話も繋がらないです。
今のところメールが一番確実なのかなー、多分。

明日の新年会や海のことを考えながらルンルン気分で
歩いていたら急にクラクラと眩暈が・・・。
って思ったら地面が揺れてました><。
かなり長い間揺れてたような気がします。
15年ほど前の阪神淡路大震災がフラッシュバックするほど。
周りの家とか明らかに建物全体が揺れてて
駐車場に止まってる車も動き出しそうなほどユッサユッサしてました。
途中看板が落ちてたり、ちょっと古い家の壁が崩れてて車のフロントガラスに落ちてたり。
落ち着いたと思ったらまた再び大きな地震が・・・。
市からの放送で注意を呼びかけたり、自分の身の安全を確保してくださいとか・・・。

家に帰ると色々なものが散乱してました。
食器も割れてました(*´;ェ;`*) ウゥ・・・
都内に勤めてるミスターは恐らく帰って来れないとのこと。
ミスターの実家に行くべきか・・・。
でも車乗るの怖いから家にいるんだけど
さすがに一人でいると余震のオンパレードが怖すぎて
パソコンつけてみたり・・・。

さてここで阪神大震災での教訓!!
お風呂に水をためましょう!
家にあるポリタンクにも全てお水を入れましょう。
ガスはなるべく使わないほうがいいと思います。
ご飯をいつもの倍くらい炊いておきました。
電気は止まってもすぐ復旧するからね!
緊急用リュックは色々賞味期限切れていたので
これを機会に整理整頓・・・。
ろうそくは火事の原因になるので懐中電灯を用意です。

・・・それにしても余震の頻度が半端ない・・・。
もぉぉぉおおおおおほんとに地震だけは勘弁してほしい(●`з´●)

結構被害が拡大しているみたいですね。
関東近郊の皆様お気をつけください。
(*・ω・)*_ _)。

プロフィール
HN:
chii
性別:
非公開
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/15 NONAME]
[10/13 エンジェル☆]
[10/13 しじみ]
[08/17 chii]
[08/11 エンジェル☆]
フリーエリア
最新記事
(12/12)
(10/12)
(08/31)
(08/31)
(08/31)
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]